活動報告

トップ > 活動報告 > 春日井経営塾

春日井経営塾
「創業から31年間㈱B&Dが増収増益出来たのは?」

開催日時
2016年12月7日(水)
開催場所
春日井商工会議所4F会議室

報告内容

「第2回春日井経営塾」

12月7日に「第2回春日井経営塾」が開催されました。

講師は株式会社ビー・アンド・ディー代表取締役 正木 寛様。

「創業から31年間㈱B&Dが増収増益出来たのは?」 をテーマに創業前の学生時代から現在までの様々な出来事をお話しされました。

学生時代から良縁と幸運に恵まれて起業、人が働いていない時に働き、社長自ら商品レイアウトを考え、お客様からのリクエストには全て応えるというスタイルを貫きチェーン展開されました。

お客様にとって、社員にとって、良いお店を作るためには数字(売上)を求めない。
例えば、薬を買いに来たお客様に売上・利益面を考えて薬を選ぶのではなく、自分の親に売るのならどの薬を選ぶのかという事を考えてから薬を売られていたそうです。

過去を振り返ると失敗の連続で、試行錯誤を繰り返しながら店舗数を増やされましたが、今でも現状に満足したことは一度もないということでした。

株式会社ビー・アンド・ディーは現在ドラッグストア56店舗、調剤薬局9店舗、従業員2,000名と大規模な会社ですが、 会社は社員のものという信念のもと、上場する気はないそうです。

大盛況のうちに経営塾が終了し、その後懇親会へ。

正木社長から「人前で話すことは苦手で前日もあまり眠れなかった」とビックリ発言。

大企業の社長との距離が一気に縮まった瞬間でした。

正木社長この度は本当にありがとうございました。

一夜にして社長のファンになりました。

活動報告者

春日井YEG 野間峰彦